ウルトジャパンオンラインショップへようこそ 法人のお客様のみ

汎用接着剤Extra

コンタクト接着剤、汎用接着剤Extra
ゴム接着剤 強力 チューブ 65.5ML

商品番号 0893100021

価格はログイン後に表示されます

汎用接着剤Extra

商品番号 0893100021

価格はログイン後に表示されます

数量

梱包単位

法人のお客様専用

登録して10,000点を超える商品にアクセス

ネオプレンベースのコンタクト接着剤

広範な接着範囲


実質的にすべての素材を相互に接着できます。



簡単に貼り付け


接着する表面にブラシやギザギザのヘラで簡単に塗り付けることができます。



風化に対する耐性


接着力が長年にわたって持続します。



優れた弾力性


素材の動きを補正します。



高い耐性


希酸と希アルカリ溶液、水、およびアルコールに対する耐性。



シリコン不使用

通知

ポリスチレン、ソフトPVC、PVCフィルム、PE、およびPPには使用できません。スムーズな表面を紙やすりで削ってください。

度重なる使用と、保管状況や処理状況から生じる特定の使用結果に対して、当社はいかなる責任も負いません。
当社の提供した助言や情報が、予め決められた当社の業務範囲や契約義務によるものであったり悪意をもってなされた事柄を除いて、無料の顧客サービスとして実施された技術情報の提供やその他の対応において当社は何ら責任を有しないものとします。
当社の製品は安定した品質でお届けします。
事前の予告なしに製品の仕様変更や改良を行うことがあります。

商品情報

 ウルトカタログ(X)

PDF形式のカタログページ 1

 データシート(X)

適用領域

コーティングおよび他の表面接着剤の適用について:


  • 木材、合板、木材繊維、硬質ベニア、および化粧板

  • ラミネートシート(Resopal、Duropal、Ultrataps)

  • プラスチックシート(タイル)

  • 硬化PVC、PMMA、ポリエステル、ポリアミド、ポリカーボネート

  • ハードフェノール樹脂、ポリウレタンフォーム

  • ゴム、フェルト、テキスタイル、皮革、ガラス、鉛、コーリアン、金属、コンクリートなどを相互に接合
説明書

使用する前に、接触点が乾燥してクリーンであり、ほこりやグリースが付いていない必要があります。摂氏+12度以上で処理してください。十分な量の接着剤を、ブラシまたは細かい波ヘラ(歯の深さ約1mm)で一様に塗ります。約10~15分間放置して落ち着かせてから、素早くしっかりとパーツを互いに押し当てます。パーツは、接着剤を塗布してから約45分以内に接合する必要があります。待ち時間は、室温、塗布した厚さ、および基材の吸収性によって異なります。接着剤表面は、接着剤膜にまだ少し粘着性があるが、軽く押しても指に付かない状態で、接合する必要があります。

化学薬品ベース

溶剤ネオプレン

薄茶色

濃度

0,86 g/cm³

表面接着時の最小 / 最大塗布量

200-300 g/m²

塗布量の条件

双方の適用

最小 / 最大加圧

7-8 N/mm²

最小フラッシュオフタイム

15 min

フラッシュオフタイムの条件

20°C

最大開放時間

45 min

開放時間の条件

20°C

最大最終強度

24 h

最小 / 最大処理温度

15 まで 25 °C

最小 / 最大温度耐性

-20 まで 125 °C

製造日起点の保存可能期間

12 ヶ月

容積

65.5 ml

コンテンツの重さ

58 g

容器

チューブ

耐性

アルコール
希釈済み酸類およびアルカリ溶液

引火点

-19 °C

ノンシリコン

Yes

最適な手袋:

 
商品
説明
化学薬品保護手袋、ニトリル、厚手
化学薬品保護手袋、ニトリル、厚手
説明:
浸透レベル: 1
Long, heavy-duty design
浸透とは、化学物質が保護手袋の素材を分子レベルで通過することです。 化学物質と手袋が最初に接触してから、物質が浸透するまでの時間がブレイクスルータイムです。
測定されたブレイクスルータイム
浸透レベル
< 10 min
0
≥ 10 min
1
≥ 30 min
2
≥ 60 min
3
≥ 120 min
4
≥ 240 min
5
≥ 480 min
6

重要な情報:

提供する情報は、経験と実験室の状態に基づいており、指針を提示することを目的としています。 手袋の実際の適合性は個別の使用条件によって異なるため、運用する条件のもとに適切にテストを実施して確認する必要があります。 使用する材料と化学物質の多様性を考慮すると、不適合の可能性と着用者が使用するうえでの問題は、これまでの各使用事例の結果を基にして排除することはできません。 弊社は最適な解決方法についてアドバイスいたします。

最近の表示